上手なオーダーのやりかた

上手なオーダーのやりかた

美容室を利用する際に、
自分のしてもらいたい髪型は抽象的には決まっているけれど、
それをうまく美容師に伝えることが出来ないという人もいると思います。
どのような方法が、上手に美容師に
自分のしてもらいたい髪型を伝えることが出来るのでしょうか。

 

そのために、まずは自己診断をしてみましょう。
抽象的なイメージは、人によってかなりばらつきがあります。
上記のような、自分のイメージをうまく美容師に伝えることが出来ずに
困っている人は、まず、自分が気に入ったヘアスタイルを、
カタログなどを見て、5つくらいピックアップしてみましょう。
そしてそれを比較して、その中に共通点を見つけましょう。
これが見つかれば、そのイメージはかなり具体的なものとなります。
例えば、髪全体の長さが違っても、
前髪の雰囲気だけは同じようなものが多ければ、
そのことを美容師に伝えることで、
美容師はそれに合ったアレンジをしてくれるでしょう。
上記の方法で、
自分の持つ抽象的なイメージを具体的なものにすることが出来ます。
このような方法で、自分の持つ、
理想の髪型についてのイメージを具体的なものにすることで、
美容師へのオーダーを上手に行うことが出来るようになるでしょう。

また、美容師側も、具体的なオーダーをもらった方が、
それにちかづける努力をしやすいため、円滑に進めることが出来ます。

 

自分の理想の上方を実現するためには、
上記の方法がお勧めですので、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

すっきりした印象を与えるストレートヘアも根強い人気です。大阪で縮毛矯正お考えなら、こちらも人気のサロンとなっております。 

 

上手なオーダー方法を身につけることで、
自分の理想の髪型にしてもらえるようにしましょう。